So-net無料ブログ作成

ダイオウグソクムシ 捕食 動画 

スポンサーリンク




ダイオウグソクムシ 捕食 動画について

絶食5年目の「ダイオウグソクムシ」がニコ生で中継され話題になっていますね

あの「ダイオウグソクムシ」がついに捕食(飼育されているわけなので、正確には

摂餌ですね)した?

こちらがその動画です



おお!

なにやら貴重なシーンを見れたようで、妙な感動がありますね


と、いうのは冗談で、同じ「ダイオウグソクムシ」には違いないのですが

こちらは江ノ島水族館の「ダイオウグソクムシ」です


話題の主は、鳥羽水族館で飼育されている「ダイオウグソクムシ」なので

全くの別ものですね

できうれば、中継中に摂餌してくれれば、おもしろいのですが

そうそう、うまくはいかないでしょう

なので、参考までにというところです

参考ついでに、同じく江ノ島水族館の動画よりこちらをどうぞ



うん、生理的に無理

分類的には、節足動物門等脚目のスナホリムシ科に属する海生甲殻類

ということなのですが、私の目にはもはや海に居る巨大なゴ○○リにしか

見えません

「ダイオウグソクムシ」についての詳細についてはWikiを参照

→ Wiki「ダイオウグソクムシ」について



見たことないなと思ったら、深海の生物なんですね

しかし、餌も食わんでどうやってエネルギーを捻出してるんでしょうね

全くもって謎な生物です

これだけ餌も食べずに生き続けている姿を見ると、寿命ってどのくらい

なんだろうという疑問が当然出てくると思いますが、今だ研究中であり

不明ということなんですね

もしかしたら、人類の永遠の夢「不老不死」の研究に役立つ何かが

分かるかもしれませんし、そこまでではなくとも、少ない摂取量での

生命の維持について何か分かれば、食糧問題が解決するかも?

とまあ、夢は膨らんだりもするのですが、今これを見にしている人が

生きているうちに解明できはしないでしょうがね

しかし、研究者でもない方々が生放送で延々と観賞するほどの

魅力ってなんなのでしょうか

少なくとも熱帯魚の観賞のようなものとは、方向性は違いますよね

私にとっては「ダイオウグソクムシ」そのものよりも、それを見ている

視聴者の方がよっぽど謎なんですが


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
バイト深夜料金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。